日本養豚開業獣医師協会(JASV

  HOME  
  インフォメーション  
     
  ご挨拶  
   
  JASVご紹介  
   
  会員紹介  
   
  豚コレラへの対応について  
   
  アフリカ豚コレラへの対応について  
   
  新型インフルエンザへの対応について  
   
  種豚生産農場、及び精液供給農場(AIセンター)の条件について  
   
  会員向け情報  
  若手養豚獣医師「涙と笑いの奮闘記」  
   
  お問い合わせ・入会案内  
   
  リンク  
   
日本養豚開業獣医師協会(JASV)
2018年12月25日
関係各位


拡大豚コレラ疫学調査チーム一員としてのJASVの活動について


一般社団法人日本養豚開業獣医師協会
 
 
 26年ぶりに我が国で発生した豚コレラ(CSF)の農場への侵入防止、拡大防止のために、拡大豚コレラ疫学調査チームの一員として日本養豚開業獣医師協会(JASV)は可能な限りの協力をいたします。

  1. CSF発生農場以外での検討会等には積極的に参加し、臨床獣医師としての知識と経験を基に助言などを行います。
  2. 発生農場への現地疫学調査には、その必要性を検討し相談させていただき、必要と判断した時には参加いたします。ただし、
    1) CSFが発生した岐阜県の隣県である愛知県で開業している伊藤貢先生には、地元での防疫活動などを優先していただき、現地調査には参加していただきません。
    2) 現地疫学調査へは伊藤先生以外のJASV役員で対応しますが、物理的・時間的な理由などで参加できない場合も想定されます。
  3. 発生農場での現地疫学調査時及びその後の防疫対応は、JASVが策定した「豚コレラの疫学現地調査に関する防疫の考え方について」のプロトコールに従います。
  4. その他、農場への飼養衛生管理基準及び更なる防疫対応の徹底、指導、啓発に努めます。

以上のように、JASVは活動してまいります。
関係各位には、ご理解とご了解を賜りますようにお願い申し上げます。
 
   
Copyright 2007. The Japanese Association of Swine Veterinarians. All rights reserved.